Character

木曽義仲(きそよしなか)

キャスト/ 小林 親弘

源氏の正統な血を受け継ぎ、源頼朝、義経とは従兄弟にあたる。
平家物語においては朝日将軍(朝日が昇る勢いで天下を治めたことより)と呼ばれる。
27歳の時、以仁王の令旨により挙兵。横田河原の戦い、倶利伽羅峠の戦いで平家の大軍を打ち破り入京する。源氏で初めて征夷大将軍に任命されるが、後白河法皇の権謀術数にはまり日本中を敵にまわすことになる。

 

巴(ともえ)

キャスト/能登 麻美子

猛将、今井兼平の妹。
幼い頃から義仲と共に育ち、挙兵後は女武将として付き従った。
平家物語によれば、「色白く髪長く、容顔まことに優れたり」という美人であり、
「強弓精兵、一騎当千の兵者」であったという。

 

今井兼平(いまいのかねひら)

キャスト/近日公開

義仲の幼馴染で、義仲四天王の一人。
仲間想いの猛将であり、日本中を敵にまわした義仲を最期まで守りつづけた男。

 

覚明(かくみょう)

キャスト/新垣 樽助

平安時代末期の僧であり、義仲の右筆(軍師的存在)。
書簡で平清盛を痛烈に批判した覚明は平家によって追われる立場となり、北国に逃れ、その過程で義仲の右筆となった。
覚明の人生は謎と伝承に彩られており、平家物語には覚明が著した願文が複数収められていることから、物語成立に深く関わった人物とされている。